中野 志動くん 竜南中3年

テストが近づいてくると、いつも憂鬱な気分になっていました。理科と社会がなかったら、なんて平和な世の中だろう・・・。そんな僕に、『じゃあ、アクセル講座やってみない?』と先生が声を掛けてくれました。中3だし、頑張らないといけないし、やってみようかなあ、と思ってやることに決めました。

テストでよく出題される単元を中心に、繰り返し演習問題を解きました。一問でも間違えると、先生はいつものノリで、嬉しそうに『ほーい、志動くん、もう一回やってみよう!』と言って、用意周到に新しいプリントを僕の目の前に差し出してきます。『さっきは10分だったから、今度は8分ね!』先生は笑顔で容赦なくハードルを上げていきます(笑)。・・・そして遂に全問正解。『やった!』と思ったら『う~ん、この字は読めんわ。高校入試ならアウトね!じゃ、もう一回!』と笑顔でまた新しいプリントを出してきました。『鬼』がそこに居ました(笑)が、『なにくそ!』と思ってもう一回解きました。今度は『う~ん、完璧!いいね!』と笑顔でほめてくれました。

そのかいあってテストでは点数も大きくアップし、両親からもほめられました。繰り返しやることの大切さがよくわかりました。これで油断しないように次のテストも頑張ろうと心に誓いました。