高浜中学校 遠藤千優楽さん

英語はもともと好きではありませんでした。テストも2年生から少しづつ難しくなっていき、思うように点数が取れなくなっていきました。3年生になると、よく出来る単元と苦手な単元が出来てしまい、テストごとでだいぶ点数の差が出てしまっていました。今回のテストも頑張って点を上げたいという気持ちはありましたが、問題もすごく難しく、直前の塾でのテスト対策プリントも全然出来ませんでした。このままじゃだめだ、と思ったときに先生から言われた「問題を解く量が減ってるよ」という言葉を思い出しました。そこからテストまでに何度も問題を解き、繰り返し練習をしていきました。テストでは点数が目に見えて上がったことがとても嬉しくて、次のテストも頑張ろうと強く思いました。